好奇心旺盛が大事|勤務時間に融通が利くタクシーのお仕事|求人内容をしっかり確認

勤務時間に融通が利くタクシーのお仕事|求人内容をしっかり確認

好奇心旺盛が大事

冊子

アルバイトから始める

出版関係の仕事に就きたいという人は、まず、アルバイトから始めてみるといいかもしれません。出版社によって繁忙期は違っています。繁忙期には人手が足りなくなるので、近くの大学などにアルバイト募集をすることがあるのです。こういった機会を活用してみることをお勧めします。アルバイトなので、当然、編集作業を最初から手伝わせることはありません。多くは読者からの感想ハガキを仕分けしたり、アンケート内容を集計したりというように、細かな作業を担当することになります。それでも、出版業界の一部を直接、見ることができるので、良い勉強になるはずです。仕事を真面目に行っていれば、そこから正社員雇用の話が飛び込んでくることもあります。

流行に敏感になろう

出版業界で働くためには、常に好奇心旺盛であることがお勧めです。流行に敏感になることも重要となってきます。どんな書籍や雑誌を作るかによって多少の違いはあるものの、ファッション誌にしても週刊誌にしても、流行感を載せることが多くなっているからです。新しい情報をどんどん収集し、知識を深めるようにしましょう。それから、編集作業をすることになれば、当然、文章能力も必要になってきます。日頃から、いろいろな書籍を読む習慣をつけておくといいかもしれません。文章を書く担当ではなく、取材の担当や営業担当に鳴ることもあります。この場合、出版社勤務でもコミュニケーション能力が必要です。いろいろな年齢や立場の人と会話をするようにしましょう。